レスリー・チャン入門講座音楽的箱電影的箱資料的箱ニュースログ写真的箱Link的箱 | ファンコラム
TOPLLの歩み>2003年4月1日
forleslielovers内検索 WWWを検索

わたしたちの2003年4月1日と
毎年迎える、この日。

 ”これから何を発信しておけばいいのか”、なんて考えました。やっぱりこのサイトが皆様と歩んできたこの数年のことはゼッタイに忘れたくない・・って思ったので、忘れないうちにここに留めます^-^;

 そして、あの日のことも、ちゃんと新しいファンの方にもわかって欲しいし、残しておきたいと思うのです。事実に目を背けることは出来ないし、もう前を向いて歩いているわたしたちが居るからです。

2003年4月

4月1日から、約1ヶ月。トップページは閉じて、臨時のものにしていました。ここで多くの情報のやりとりが行われました。



2003年4月 当時まとめたページ > こちらから

 必要最低限をまとめた、っていう感じのページです(当時は、力が出なくてね。。泣いてばかりで。びっちゃんはそんな中よく私の無理をきいてくれ、記事を訳してくれたと思います。辛かったのにね。ありがとう。)。

 それと、この2年半手つかずだったレスリの初監督作品が頓挫してしまった頃の関連ニュースをまとめてみました。彼が亡くなった当時は、日本での見にくいゴシップ記事に抵抗すべく、事実らしき記事をまとめてやろう!と思って神経とがらせていたのですが、日を追ってまとめていくうちにだんだん落ち込んでしまい、2年半放ったらかしにしていました。

2004年4月 1周忌を迎えました

香港で、ファンの手による盛大な追悼セレモニーが行われました。1年間レスリのいない寂しさを背負いながらも各国のファンががんばって来たこと、レスリーへの尽きない支持の気持ちが彼にも伝わったのではないでしょうか。とてもいいセレモニーでした。
レポートはこちら。



2005年4月

今年もまた、香港現地ではファンの手による盛大な追悼セレモニーが行われました。一般の市民の方々も参加できるオープンエアーでのセレモニーには、数千の人がつどいました。国民的スターを肌で感じてきました。昨年の悲しみよりも、前に向いて進むこと、レスリーを伝えていくことを誓うような、前向きな会でした。
怒濤のレポートはこちら









HOMEmail to WEBMASTERレスリーバナー

    Copyright © 2000-2008 forLeslieLovers.net.